Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /kunden/483505_50739/webseiten/workshops/718-boxster/wp-content/plugins/qtranslate-x/qtranslate_frontend.php on line 507
Technology Workshop 718 Boxster

初代ボクスターがデビューを飾って20年が経過した今、ポルシェはミッドシップエンジンレイアウトを採用した独自のロードスターモデルについてラインナップの再編を図ります。718ボクスターおよび718ボクスターSと命名された新世代の2シーターコンバーチブルは、さらなるパワーアップと軽量化が進められたうえに、燃料効率も改善されています。伝説的なタルガ・フローリオやル・マンなど、1950 年代と60年代に数々のレースで優勝を飾った718。ポルシェはこのスポーツカーに搭載されていた水平対向4気筒エンジンの伝統を2台のニューモデルによって受け継いでいきます。

より知りたい場合

ポルシェは、ターボチャージャーを搭載した、まったく新しい4気筒水平対向エンジン2機種を718ボクスター用に導入しました。これによってエンジンのパワーと効率性が従来のものよりも大幅に向上しているほか、数多くのイノベーションにより、ポルシェ独自のドライビングプレジャーも約束されています。このエンジンは、自然なレスポンス、スムーズな回転特性、そして情熱的なサウンドが特徴です。

より知りたい場合

物理的には、あらゆる車両のレイアウトの中で、ミッドシップエンジンのスポーツカーが最高のドライビングダイナミクスを発揮するとされます。ポルシェは718ボクスターで、この理論的なアプローチにおける実際のメリットを従来以上に説得力のある方法で提供しています。そのドライビングダイナミクスにおいて、718ボクスターは卓越した運動性能で1950年代および60年代に数々のレースを制したオリジナル718の方向性を引き継いでいます。一新されたシャシーチューニングによって、ミッドシップエンジンのスポーツカーのコーナリング性能がさらに高められています。オプションを装備した718ボクスターSは、ニュルブルクリンクの北コースにおいて先代モデルのラップタイムを16秒短縮するポテンシャルを備えています。これはボクスター スパイダーと同じレベルで、さらにケイマンGT4にも匹敵するほどです。

より知りたい場合

過去20年間、ポルシェ ボクスターは時代に左右されないロードスターとして、そのデザインが評価されてきました。2つのシート、ミッドシップレイアウトのエンジン、クラシックなコンバーチブルトップがその特徴です。718ボクスターはこうした強烈な個性をいちだんと強調したモデルであり、シャープさと流麗さに磨きがかかっているほか、スポーティな大径ホイールをフェンダー開口部との隙間が小さくなるように取り付けてあります。また、オーバーハングがいちだんと短くなっている点も特徴のひとつです。この新しいモデルラインは、テクノロジーと同様に、デザインに関しても包括的な開発がさらに進められましたが、トランクリッド、フロントウインドウおよびソフトトップだけは変わっていません。引き締まったプロポーション、フロントとサイドの人目を引くエアインテーク、そして低いボディラインがもたらすサイドビューは、ロードスターのダイナミクスが引き上げられたことを強調しています。

より知りたい場合