TV-Footage, OnLocation-Footage

より知りたい場合

もうひとつのミッドシップエンジンスポーツカーである718ケイマンも世代交代となります。この2シーターミッドシップエンジンクーペにも、718ボクスター同様に、新しい水平対向4気筒ターボエンジンが搭載されます。718ボクスターと718ケイマンは、アピアランスとテクノロジーの面でさらに近づいています。完全に見直されたシャシー、パワフルなブレーキ、そして特にエモーショナルなサウンドが、俊敏性とさらなるドライビングプレジャーを約束します。変更されたデザインと質感が高められたインテリアが新しいアピアランスを作り上げています。世代交代によって、911シリーズ同様にクーペの価格はロードスターの価格を下回ることになります。

より知りたい場合

ニュー718ケイマンのデビューによって、ポルシェのミッドシップエンジンスポーツカーシリーズが強化されます。ロードスターとクーペは、同じ718のモデル名の下でテクノロジーとアピアランスがさらに近づいています。718ボクスターと718ケイマンに初めて同じ最高出力のエンジンが搭載されました。718ケイマンの2リッター水平対向4気筒ターボエンジンは、先代を18kW(25PS)上回る最高出力220kW(300PS)を発生。718ケイマンSの2.5リッターエンジンは最高出力257kW(350PS)を発生し、同様に先代を18kW(25PS)上回ります。911モデル同様に、クーペの価格がロードスターの価格を初めて下回ったことは、スポーツクーペファンにとってはもうひとつの朗報です。

より知りたい場合

718ケイマンには、新開発のターボチャージャー付水平対向4気筒エンジンが搭載されます。そのパワーと効率性は先代を凌ぎ、エンジンは卓越したレスポンスとともに情熱的なサウンドを奏でながらレブリミットまで一気に吹け上がります。

より知りたい場合

走行性能における精度と横方向の安定性をさらに強化するために、ポルシェのエンジニアは718ケイマンのシャシーを完全に見直しました。ショックアブソーバーの変更、より高いレートのスタビライザーとスプリングがピッチとロールを可能な限り抑えます。フロントアクスルにはリバウンドバッファースプリングが追加されています。これはフロントのリフトを抑え、ダイナミックコーナリングのロール角を低減して加速力を高めるのに貢献します。

より知りたい場合

ニュー718ケイマンのデザインは718ボクスターとさらに緊密な関係を強調します。911同様に両モデルのボディは、ルーフやテールゲートを除き以前にも増してアピアランスが類似しています。

より知りたい場合