Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /kunden/483505_50739/webseiten/products/718-boxster/wp-content/plugins/qtranslate-x/qtranslate_frontend.php on line 507
最高出力は35 PS増大– 燃費は13 %低減
最高出力は35 PS増大– 燃費は13 %低減

新しいミッドシップロードスター:ポルシェ718ボクスター

初代ボクスターがデビューを飾って20年が経過した今、ポルシェは世代交代を記念して、新たなモデル名を付けました。718ボクスターおよび718ボクスターSと命名された新世代の2シーターコンバーチブルは、さらなるパワーアップが進められたうえに、燃料効率も改善されています。ポルシェはミッドエンジンスポーツカーであるオリジナル718に搭載されていた水平対向4気筒エンジンの伝統を2台のニューモデルによって受け継いでいきます。伝説的なタルガ・フローリオ、ル・マン24時間レース、ヨーロッパヒルクライム選手権など、1950 年代と60年代に数々のレースで優勝を飾っています。

ターボチャージャーを搭載した新開発の水平対向4気筒エンジンがこのシリーズの最も重要なポイントです。総排気量2リッターの718ボクスターの最高出力は220 kW(300 PS)で、総排気量2.5リッターの718ボクスターSの最高出力は257 kW(350 PS)。Sモデルには、可変タービンジオメトリー(VTG)を採用したターボチャージャーが用いられています。ポルシェは、ガソリンエンジン搭載のプロダクションモデルにVTGテクノロジーを採用した(911ターボと718ボクスターS)唯一のメーカーです。先代のボクスター モデルに比べて26 kW(35 PS)ものパワーアップが図られている点や、新型ターボエンジンの効率性は注目に値します。ニュー718ボクスター モデルの燃費は最大13 %低減されています。

まったく新しいチューニングが施されたシャシーと、さらなる制動力を手に入れたブレーキが、情熱的でスポーティなドライビングプレジャーを提供します。ニューモデルラインは、その他の部分に対しても最適化が行われ、ラゲッジコンパートメントリッドとフロントウインドウを除いた全ての部分が一新されました。インテリアは、新設計のメータパネルがコックピットを特徴づけているほか、最新式タッチスクリーンを備えた最新世代のポルシェ・コミュニケーションマネージメントシステム(PCM)が標準装備に含まれています。さらに、ナビゲーションモジュールがオプションとして用意されています。