デザインおよびインテリア装備

シャープなボディラインを強調する新しいデザイン

ニュー718ボクスターは、ひと目でそれと分かります。先代モデルに比べてフロントエンドがいっそう彫刻的に造形されているため、フロントボディは、よりワイドで力感あふれる外観に仕上がっています。こうした効果に拍車をかけているのは、サイドエアインテークの上に設けられているシャープなフロントライトです。このライトにはパーキングライトとインジケーターライトが含まれています。中央部に見られる2本の水平ラインも、718ボクスターのワイドな全幅を強調しています。冷却風を取り入れるための大型化されたフロントエアインテークは、新たなターボエンジンコンセプトが採用されていることを示す外観上の大きな特徴です。718ボクスターのフロントエンドは、LED式デイタイムランニングライトを組み込んだバイキセノンヘッドライトのデザインによって完成度が高められました。4灯式のデイタイムランニングライトを組み込んだLED式ヘッドライトが新たなオプションとして用意されています。

このニューモデルシリーズに見られるサイドビューの特徴は、独自にデザインされたフェンダーとサイドシル、追加のハンドルシェルを持たないドア、そしてリアアクスル前方の各エアインテーク内に設けられた2つのルーバーです。このエアインテークは、エンジンに燃焼用の空気を提供するとともに、インタークーラーに対して冷却用の空気を送り込みます。718ボクスターのスポーツ性は、718ボクスターSに標準装備される19インチホイールとオプションとして用意された20インチホイールによって強調されます。全てのリアホイールは先代モデルのものに比べて0.5インチワイドになっているため、外観だけでなく横方向のダイナミクスにも改善が見られます。

718のリアボディは、ポルシェ ロゴとアクセントストリップが左右のテールライトを結ぶように備わっていることから、存在感がより増しています。リフレクターの高さに追加されたデザインエッジは、この効果をいちだんと強調します。デザインが一新されたテールライトは、クリアガラスの奥にある部分を立体構造のLEDテクノロジーが新しい特徴で、4つのブレーキライトが組み込まれています。

インテリアには、新しいポルシェ コミュニケーション・マネージメントシステム(PCM)が標準装備

718ボクスターのコックピットに追加された新たな要素は、ポルシェ独自のインテリア環境を向上させます。インテリアはより洗練されたものになりました。レザートリムは、右側のストレージコンパートメントまで続いているステッチが印象的です。

新しくデザインされたダッシュボードパネルの上部は、エクステリアの個性的な3Dデザインを反映させたもので、エアベントの位置が高くなっています。ステアリングは精度がいちだんと向上しました。また、装着されるスポーツステアリングホイールは直径が375 mmで、基本的なデザインは918スパイダーのものと同じです。なお、直径360 mmのGTスポーツステアリングホイールがオプションとして用意されているほか、全てのステアリングホイールに対し、ポルシェはマルチファンクション機能とヒーター機能をオプション設定しました。さらに、5種類の新しいインテリアカラーが用意されているため、718ボクスターを個性的な1台に仕上げることが可能です。

新しいインテリアの中心的な要素になるのはポルシェ コミュニケーション・マネージメントシステム(PCM)です。PCMには、モバイルフォンプレパレーションやオーディオインターフェースに加え、出力110 Wのサウンドパッケージ・プラスが備わっています。オプションのモジュールを利用して機能を拡張すれば、このPCMを完全にカスタマイズすることが可能です。例えば、コネクトモジュールは、スマートフォンを車両の外部アンテナにワイヤレス接続するためのスマートフォンストレージトレー、iPodを接続することができるセンターコンソールのUSBポート、ボイスコントロールの “Siri” を含んだApple CarPlay、そしてポルシェ・カーコネクトで構成されます。

ボイスコントロール機能が備わったナビゲーションモジュールもオプション装備のひとつで、目的地を簡単に入力することが可能です。このナビゲーションモジュールは、地図表示機能が改善されていて、二次元表示と遠近法表示だけでなく、特定の地域に関しては3D表示にも対応しています。このモジュールは、最初の3 年間に限り地図データを無料で更新することができます。ナビゲーションモジュールを拡張するにはコネクト・プラスモジュールを利用します。このモジュールによって、スマートフォンがPCMやWiFiデバイス用ワイヤレスインターネットアクセスと簡単にリンクできるようになるほか、インフォメーションナビゲーションサービスのようなオンライン機能や、LTE電話モジュールの各種機能を利用することが可能になります。

※ 仕様は国により異なることがあります。