Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /kunden/483505_50739/webseiten/products/718-boxster/wp-content/plugins/qtranslate-x/qtranslate_frontend.php on line 507
シャシーおよび支援システム
シャシーおよび支援システム

スポーツシャシーのチューニング、 PASMスポーツサスペンションを初めてオプション設定

新しいロードスターはその俊敏な走りがもたらすドライビングダイナミクスも印象的です。一新されたシャシーチューニングによって、ミッドシップエンジンのスポーツカーのコーナリング性能がさらに高められています。スタビライザーが強化さればね定数が高められたため、718ボクスターの快適性はさらに向上しています。この新たなチューニングによって飛躍的に剛性感が高まり、様々な路面の荒れに対するスプリングのレスポンスも改善されています。また、10 %ダイレクトになった電動ステアリングは、サーキットでも公道でもコントロールをさらに俊敏かつ容易なものとします。オプションを装備した718ボクスターSは、ニュルブルクリンクの北コースにおいて先代モデルのラップタイムを16秒短縮するポテンシャルを備えています。

精度と横方向の安定性を向上させたリアサスペンション

ドライビングパフォーマンスの精度と横方向の安定性をさらに向上させるため、ポルシェのエンジニア達はリアサスペンションを大幅に見直しました。例えば、新たにラテラルメンバーを追加することでリアサブフレームを補強し、横方向の剛性を高めています。ショックアブソーバーの大径化されたピストンとシリンダーチューブによって剛性が高まっているため、ホイールをガイドする精度も向上しています。リアホイールは1/2インチワイド化され、横方向の力に対応する能力が高まり、新開発のタイヤと相まってコーナリング安定性の向上に大きく貢献しています。

車高が20 mm低い新型PASMスポーツシャシー

野心的なドライバーのために、718ボクスターSにはポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)スポーツサスペンションがオプションで用意されています。PASMスポーツシャシーでは車高が20 mm低くなり、スポーツモードではより硬めのチューニングを選択することができます。また、従来同様10 mm車高が低くなるポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)もオプションで用意されます。新たなチューニングが施されたアクティブシャシーによって、ロングドライブにおける快適性と、ダイナミックでスポーティな硬めのセッティングを楽しむことができます。ポルシェは、コントロール領域を広げるため、拡張されたセンサーテクノロジーを採用しています。それぞれのスプリングストラットに装備されたハイトセンサーがスプリングの伸縮を検出し、3つの加速度センサーが車両の挙動におけるダイナミクスを検出します。これにより、さらに精密で感度の高いコントロールが可能になっています。

マルチ・コリジョン・ブレーキ・システムを装備したより強力なブレーキシステム

走行性能の向上に伴い、フロントに直径330 mm、リアに直径299 mmのブレーキディスクを備える、より強化されたブレーキシステムが採用されています。718ボクスターには、先代のボクスターSに採用されていたブレーキシステムが装備されます。また、718ボクスターSのフロントには、911カレラの4ピストンキャリパーと、厚みの増したブレーキディスクが採用されています。また718にはマルチ・コリジョン・ブレーキ・システムが採用されています。このシステムは、1次衝突後に自動的に制動を行い、エアバッグを展開して2次衝突の被害を軽減します。

新たな「PSMスポーツ」モードを備えたポルシェ・スタビリティ・
マネージメントシステム

718の研ぎ澄まされたスポーツ性は、ポルシェ・スタビリティ・マネージメントシステム(PSM)のコントロールシステムにもおよびます。オプションのスポーツクロノパッケージを装備した場合、センターコンソールのPSMスイッチで作動させることができるPSMスポーツと呼ばれる新たな設定が追加されます。機能的には、PSMスポーツは通常のPSMオンモードとは大きく異なり、スポーツクロノパッケージのスポーツ・プラスモードとは独立して作動するようになっています。PSMスポーツモードを作動させると、メータパネルにインジケーターと黄色の「PSM Off」ランプが点灯して、ドライバーに知らせます。

PSMスポーツモードでは、サーキットや低μ路面でのウインタードライバートレーニングなどにおいて車両の限界性能をさらに追求することができます。PSMオンと比較して、この新しい機能はより大きなヨー角度と駆動輪の空転を許容し、ドライバーは車両のダイナミックなパフォーマンスをよりはっきりと体験することができます。これによりスポーティなドライビングを好むドライバーでも、PSMを完全にオフにする必要はありません。これまで同様、PSMスイッチを長押しすることでPSMオフモードも選択できます。ただし、PSMオフモードおよび新しいPSMスポーツモードでも、ABSが作動するハードブレーキングを行った場合、ブレーキが解除されるまでPSMのすべてのスタビリティアシストが作動します。