Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /kunden/483505_50739/webseiten/motorshows/geneva-2016/wp-content/plugins/qtranslate-x/qtranslate_frontend.php on line 507
ジュネーブ モーターショー 2016

芸術的なコーナリングを披露する2台のモデル、911 Rおよび718ボクスターが2016ジュネーブ国際モーターショーでワールドプレミアを飾ります。どちらのモデルも独自の方法でコーナリングに対する優れたダイナミクスを実現させました。純粋なドライビングマシンである911Rは、リアにマウントした自然吸気エンジンが最高出力368 kW(500 PS)を発生。そして、ロードスターである718ボクスターは、進化したシャシーを採用するとともに、ターボチャージャー付の4気筒エンジンをミッドシップマウントしています。最高出力は、2リッターエンジンを搭載する718ボクスターの場合が220 kW(300 PS)で、2.5リッターエンジンを搭載する718ボクスターSの場合は257 kW(350 PS)です。ポルシェは年が明けて最初にヨーロッパで開催されるジュネーブモーターショーで、特別な車を披露することを、ほぼ伝統のように行ってきています。それに倣って発表されるのが911 Rです。これまでも911 GT3、918スパイダー、919ハイブリッドがジュネーブでデビューを飾りました。このようなモデルを発表することは、ポルシェがスポーツカーとレースに対する情熱が衰えていないこと、そして今後もモータースポーツ界に貢献していく決意の表れでもあります。

より知りたい場合

ポルシェはクラシックなデザインによる純粋なスポーツカーとして、ニュー911 Rを2016年のジュネーブモーターショーで初披露します。最高出力368 kW(500 PS)を生み出す、排気量4リッターの水平対向自然吸気エンジンを6速マニュアルスポーツトランスミッションと組み合わせた911 Rは、1967年にホモロゲーションモデルとしてデビューした初代911Rの伝統を受け継いでいます。限定生産の911 R(R = Racing)は、ラリー、タルガ・フローリオ、スピードトライアルなどで活躍しました。伝説を残した初代モデルと同様、ニュー911 Rも、体系的な軽量設計、最高のパフォーマンス、そして純粋なドライビング体験によって独自の個性を作り上げています。タイプ991に属するこの特別な限定モデルは、車両総重量が1,370 kgであることから、現時点では最軽量の911モデルです。高回転型の6気筒自然吸気エンジンとスポーティなマニュアルトランスミッションによって、ポルシェは、とりわけエモーショナルなハイパフォーマンススポーツカーを作っていく責任が自社にあることを示しています。ポルシェ モータースポーツにより開発された911 Rは、レーシングモデルの911 GT3や911 GT3 RSと共に、高性能自然吸気エンジンを新たな次元に押し上げます。

より知りたい場合

初代ボクスターがデビューを飾って20年が経過した今、ポルシェは世代交代を記念して、新たなモデル名を付けました。718ボクスターおよび718ボクスターSと命名された新世代の2シーターコンバーチブルは、さらなるパワーアップと軽量化が進められたうえに、燃料効率も改善されています。ポルシェはこのスポーツカーに搭載されていた水平対向4気筒エンジンの伝統を2台のニューモデルによって受け継いでいきます。伝説的なタルガ・フローリオ、ル・マン24時間レース、ヨーロッパヒルクライム選手権など、1950 年代と60年代に数々のレースで優勝を飾っています。

より知りたい場合