Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /kunden/483505_50739/webseiten/motorshows/geneva-2016/wp-content/plugins/qtranslate-x/qtranslate_frontend.php on line 507
最高出力は35 PS増大– 燃費は13 %低減
最高出力は35 PS増大– 燃費は13 %低減

4気筒エンジン搭載のミッドシップロードスター:
ポルシェ718ボクスター

初代ボクスターがデビューを飾って20年が経過した今、ポルシェは世代交代を記念して、新たなモデル名を付けました。718ボクスターおよび718ボクスターSと命名された新世代の2シーターコンバーチブルは、さらなるパワーアップと軽量化が進められたうえに、燃料効率も改善されています。ポルシェはこのスポーツカーに搭載されていた水平対向4気筒エンジンの伝統を2台のニューモデルによって受け継いでいきます。伝説的なタルガ・フローリオ、ル・マン24時間レース、ヨーロッパヒルクライム選手権など、1950 年代と60年代に数々のレースで優勝を飾っています。

ターボチャージャーを搭載した新開発の水平対向4気筒エンジンがこのシリーズの最も重要なポイントです。総排気量2リッターの718ボクスターの最高出力は220 kW(300 PS)で、総排気量2.5リッターの718ボクスターSの最高出力は257 kW(350 PS)。Sモデルには、可変タービンジオメトリー(VTG)を採用したターボチャージャーが用いられています。ポルシェは、ガソリンエンジン搭載のプロダクションモデルにVTGテクノロジーを採用した(911ターボと718ボクスターS)唯一のメーカーです。先代のボクスター モデルに比べて26 kW(35 PS)ものパワーアップが図られている点や、新型ターボエンジンの効率性は注目に値します。ニュー718ボクスター モデルの燃費は最大13 %低減されています。

まったく新しいチューニングが施されたシャシーと、さらなる制動力を手に入れたブレーキが、情熱的でスポーティなドライビングプレジャーを提供します。ニューモデルラインは、その他の部分に対しても最適化が行われ、ラゲッジコンパートメントリッドとフロントウインドウを除いた全ての部分が一新されました。インテリアは、新設計のメータパネルがコックピットを特徴づけているほか、最新式タッチスクリーンを備えた最新世代のポルシェ・コミュニケーションマネージメントシステム(PCM)が標準装備に含まれています。さらに、ナビゲーションモジュールがオプションとして用意されています。

4気筒ターボエンジンの効率的なパワー

新世代の718ボクスターの導入により、ポルシェは1960年代以来となる水平対向4気筒エンジン搭載のスポーツカーを再登場させます。ターボチャージャーの搭載によってトルクは大幅に増大します。その値は、718ボクスターに搭載される2リッターエンジンの場合が380 N・m(100 N・m増)/1,950 rpm – 4,500 rpm、718ボクスターSの2.5 リッターエンジンでは420 N・m(60 N・m増)/1,900 rpm – 4,500 rpmとなっています。

これによってニュー718ボクスター モデルは、俊敏な走りに磨きをかけました。スポーツクロノパッケージを装着したPDK仕様車で0 – 100 km/h加速のタイムを比較した場合、718ボクスターのタイムは4.7秒(0.8秒向上)で、718ボクスター Sのタイムは4.2秒(0.6秒向上)です。最高速度は、718ボクスターの場合が275 km/h、718ボクスターSは285 km/hに達します。

ポルシェのターボコンセプトは、ドライビングパフォーマンスを増大させながら燃費を改善するというものです。燃料消費量(NEDC)の値は、4気筒エンジンを搭載したPDK仕様車の718ボクスターの場合が6.9リッター(0.7リッター減)/100 kmで、2.5リッター水平対向ターボエンジンを搭載したPDK仕様車の718ボクスター Sの場合もわずか7.3リッター(0.9リッター減)/100 kmに抑えられています。

718モデルには6速マニュアルトランスミッションが標準装備されます。また、ポルシェ・ドッペルクップルング(PDK)がオプションで用意されています。

シャープなボディラインを強調する新しいデザイン

718モデルはひと目で見分けることができます。この新しいロードスターモデルのフロントエンドはいっそうシャープなフォルムに造形されています。また、フロント部分の外観は従来モデルよりもワイドに見えます。フロントの大型クーリングエアインテークは、新たなターボエンジンコンセプトが採用されていることを明確に表現。そして、LED式デイタイムランニングライトを一体化させた新しいデザインのバイキセノンヘッドライトによって、718ボクスターのフロントエンドはその完成度が高められています。4灯型のデイタイムランニングライトを備えたLEDヘッドライトが新たにオプション装備されます。

ニューモデルのサイドビューを特徴づけるのが、独自のスタイリングに仕上げられたフェンダーとサイドシルです。2つのルーバーを備えた大型エアインテークパネルはこのモデルのダイナミックな特徴を強調します。ドアは、リセスカバーなしのドアハンドルデザインが採用されています。718ボクスターSには新しい19インチホイールが標準装備されていますが、オプションで20インチホイールを装着することもできます。

718ボクスターのリアボディは新たにデザインされました。“Porsche”のロゴが入ったアクセントストリップはテールライトを結ぶように配されていてワイドなルックスを強調。一新されたライトは3Dテクノロジーや4灯型ブレーキライトによって個性を際立たせています。

シャシーをよりスポーティにチューニングしたことで俊敏性が向上

新しいロードスターは、ドライビングダイナミクスの面で初代718の先例に倣います。全面的なシャシーへのチューニングにより、ハンドリングやコーナリング性能が強化され、電気機械式ステアリングシステムのダイレクトな応答性も、さらに10 % 引き上げられました。これによって718ボクスターは、サーキット走行と日常走行の双方において俊敏性と操縦性が向上しています。

10 mmおよび20 mm低い車高:ポルシェ・アクティブサスペンション・
マネージメントシステム

車高を10 mm低く設定したポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)がオプションで用意されています。また、718ボクスターSに対しては、車高を20 mm低く設定したPASMスポーツシャシーが初めてオプション設定されます。改めてチューニングが施されたアクティブシャシーは、長距離走行に適した快適性重視の設定と、ダイナミックでスポーティな走りをサポートする固めの設定を兼ね備えます。

ダイナミックな走行体験のための広範なスポーツクロノパッケージ

911と同様、オプションのスポーツクロノパッケージには、ノーマル、スポーツ、スポーツ・プラスの3つの設定に加えてインディビジュアルプログラムが含まれています。PDK仕様車には、ドライビングプログラムスイッチの中央にスポーツレスポンススイッチが追加されます。モータースポーツから発想を得たこのスイッチによって、エンジンとPDKは極めてダイレクトなレスポンスを発揮できるようになります。

標準装備される新しいポルシェ・コミュニケーションマネージメントシステム

718ボクスターのコックピットでドライバーを待つのは、ダッシュボードなど新たなエレメントによってグレードアップがなされた、ポルシェらしいインテリア環境です。新しいインテリア装備の中心的な要素となっているのは、携帯電話設備、オーディオインターフェース、および出力110 Wのサウンドパッケージ・プラスを備えたポルシェ・コミュニケーションマネージメントシステム(PCM)です。PCMは、個人の要件に完璧に合わせるためオプションのモジュールで拡張することできます。例えば、オプションのボイスコントロール付ナビゲーションモジュールを装備すれば、目的地の入力が容易になります。このほか、オンラインサービスを拡張するコネクト・プラスモジュールも用意されています。

※ 仕様は国により異なることがあります。